東京のモニター歯科

インビザを捨てるタイミングについて

グロ注意の表紙写真

さて、先日はまさかの矯正終了直前にて延長と言う宣告をされて気分がナイーブなNOBIです。

ただ、下を向いてもいられないので、とりあえずこれまでのマウスピースを捨てることにしました。

今回はそのレポートと、捨てるタイミングについてまとめました。

捨てていいのはいつか

おそらくどの矯正歯科でも、使い終わったインビザラインはしばらく捨てないようにと言われます。

万が一の時のためとのことです。

ただ、やはり私のような潔癖症だと家にあること自体が嫌だし、僕みたいに合計79個となると意外とかさばるのでたまったもんではありません。

なので、最初にマウスピースを渡された時点ですぐに気付いて院長先生に質問したのを覚えています。

これは矯正が終了するまで取っておいてくださいね

院長

のび君

え!?待ってください、これ全部を取っておくんですか?
そうなんですよ、何かあった時のために

院長

のび君

例えば20番まで終わったら、1から10番ぐらいまではいらないですよね
ん~・・・一応取っておいていただく方向で(;^ω^)

院長

ということで、基本的には捨てちゃいけないみたいですね。

理論的にはさすがに10個前とか20個前とかのは、何かあったとしてもいらなそうですけどねw

それもあってか先生も苦笑いしてたのをよく覚えています。

延長になって捨てることに

あらためて、僕は残り1ヵ月半を前にして延長になることに。

ずっと終わったインビザラインが家にあるのが気になってたので、この時にも再度質問することに。

のび君

アタッチメントまで付け替えると言うことは、もしかして取っておいてあるインビザラインって捨てて平気ですか?
大丈夫ですよ。新しいインビザラインが届いてたら捨ててしまってください

院長

のび君

もちろん新品の残りの6個も捨てて平気ですか?
はい、一緒に捨てて大丈夫ですよ

院長

やりました!

ついに捨てる時が来たのです。

その日中に捨てることにして、お別れ会をはじめることに。

一応言っておきますが、グロ注意w

理由としては、ちょっとマウスピースがくすんで汚く見えるからです。

それでは行きます。

とりあえず全てのマウスピースを出すことにした写真
まずはインビザラインを全て並べてみた写真
よく見ると黄ばんでいる写真

やっとです。

自分でも気持ち悪いぐらいです。

しっかり袋を分けて分別して捨てました。

今までありがとう。

全て終わって捨てることに

そして追加分のマウスピースも全て終わって捨てることに。

と書きたいところですが、ここはまだ途中なので、後ほど追加します。

と言っても大して情報じゃないですけどねw

まとめ

勝手に捨てて後悔しないように、矯正歯科の指示に従って捨てるタイミングは選びましょう。